GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

【基礎】遺伝子ってなんだろう?

【基礎】遺伝子ってなんだろう?

遺伝子とはその生物の設計図

この遺伝子情報によって頭や手、足など、皮膚や目の色など、それぞれの体が出来上がります。 人間の場合、約60兆もの細胞がありますが、その細胞一つ一つの中に核と呼ばれるものが入っています。 その核の中に、46本の染色体と呼ばれるものがあります。46本の染色体は両親から受け継ぐもので、半分の23本は父親から、そして後の半分の23本は母親から受け継ぎます。 遺伝子 この染色体をほどいていくと、ひも状の二重らせん構造をしたDNAが現れます。 このDNAは、「糖」と「リン酸」という物質からできており、さらに、ひもを橋渡しする「塩基」という物質からなります。DNAを伸ばすと、実に1200億キロにもなります。 また「塩基」は、A(アデニン)・G(グアニン)・C(シトシン)・T(チミン)という4種類の塩基物質からなり、常に「G・C」「T・A」のペアで並んでいます。

重要なのは、この「塩基」の並び方で、それが遺伝情報となりのです。 遺伝情報の一つの単位を遺伝子と呼び、人間には約22000個の遺伝子があります。DNAと遺伝子は同じものだと思っている人もいますが、これは正確ではありません。
Return Top