【必読】3ステップでわかる!信用性のあるヘルスケア情報とは。

【必読】3ステップでわかる!信用性のあるヘルスケア情報とは。

インターネットが普及して、いつでもどこでも情報を得られる時代になりましたが、その反面デメリットもあります。
こと医療や健康情報は、マスコミや発信者によって歪められて怪しい内容が多く存在しています。

例えば、一時流行した”朝バナナダイエット”など。
効果が出る人はいるかもしれませんが、万人に通用する方法ではありません。

私は閲覧してくださる方に、少しでも適切な健康情報を得て健康管理・維持に役立ててほしいという想いがあります。
そこで、私が実行している情報収集の方法をお伝えします。

それぞれのステップの質問に答えることで、その情報が自分にとって活用できるものかどうかを判断する時に役立ちます。

ステップ1

「◯◯◯が健康に良い」理由の説明があるか?
キャッチフレーズだけで、内容の詳細や理由を言及していない場合は活用しません。
有効成分や、適正摂取量の記載があるかもチェックします。
また、メリット・デメリットの記載の有無について。メリットしか記載がない場合は活用をお勧めしません。

ステップ2

「◯◯◯が健康に良い」ことは研究に基づき説明されているか?
実践してない個人の主張や数人の体験談など根拠が薄い場合は活用しません。
複数の研究に支持されているのか、その研究はいつ行われたものなのかもチェックが必要です。
最新の研究結果で、情報が覆っている場合や研究が大分古い場合があるからです。

ステップ3

その研究対象は人であるか?
研究は人を対象にしたもの以外に、動物や細胞レベルの研究がありますので、注意が必要です。
人である場合、プラセボ対象群(◯◯◯を摂取しないグループ)を使用した研究かどうかもチェックが必要です。

少なくともこの3ステップを満たす情報は、比較的正確と言えます。
ただ、一番確実なのは精査した情報をご自身で実践して、体感してみることです。

引用サイト:

もう一歩進んだ「情報の見極め方」
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/hint2/c01.htmlスクリーンショット 2016-04-05 15.00.26

人気ランキング

Return Top