GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

【米国】医師が野菜や果物を処方する?!

【米国】医師が野菜や果物を処方する?!

「渚の食物を医者とも医薬ともせよ。食物で治せない病気は医者にも治せない」

現代医学の父と言われているヒポクラテスの言葉です。ヒューストンにある病院、メモリアルハーマン・メモリアルシティーメディカルセンターが話題になっています。

同病院の院長を務めるGarth Davis氏が肥満治療の一環として病院内にオーガニックな野菜とフルーツを購入できる販売所をしたのことです。驚くことに既に利用者にも効果が見られているようで、この治療は世界初となる試みかもしれません。

farmacy1Reference:Rawfully Organic

Garth Davis氏は、何年も糖尿病や高血圧など生活習慣病の患者に応じてきましたが、その中で身体に活気を取り戻して元気になるようにするためには、食生活やライフスタイルが最善の方法であることに気が付きました。

「私たち医師は患者の状態を改善するために外科手術を行ったり、薬を処方しています。しかし、健康的な食生活をするように患者を教育し、新鮮な果物や野菜を提供もしてもよいのではないだろうか」

と主張するGarth Davis氏とパートナーを組んだのは、国内最大の非営利オーガニック生協団体であるRawfully Organicの創始者、共同経営者Kristina Carrillo-Bucaramです。

「食物繊維が豊富で、新鮮な生のオーガニック野菜や熟した色とりどりの食べ物をもっと日常的に取り入れるべきだという意見が一致しました。」と彼女もコメントしています。

毎週水曜日にオープンする販売所(テキサス州ヒューストン市内のヒューストン市ハーマン記念病院)では、新鮮な野菜とフルーツの詰まったボックスを購入できます。

Garth Davis医師から野菜・果物の処方を受け、ファーマシーに行くとRawfully Organicが提供する新鮮でオーガニックな食べ物が、通常25ドルのところ、10ドルを値引きされた価格で買うことができるようになります。 病院内に野菜の販売所が突然オープンし、困惑する人もいるようです。

farmacy2Reference:Twitter

Farmacy?Pharmacyじゃないの??

患者を案内するRenee Garrett氏曰く、「Farmacy」と名のついたこの販売所を紹介すると「Pharmacy(薬局)の間違いでしょう?」とスペルミスを指摘されるそうです。

Garth Davis医師「他の数人の医師もこの処方箋を書いてくれました。より多くの医師がこういった処方を出してくれることを希望しています。ヒポクラテスが言いました。『汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ』 この野菜・果物は薬なのです。野菜や果物を摂ることは疾患を治療するためのオルタナティブな選択でもあるのです」

farmacy3Reference:Rawfully Organic参照:http://www.trueactivist.com/meet-the-doctor-who-prescribes-fruit-and-vegetables-instead-of-drugs/

日本でも有効なのでは?

名前のファーマシー(farmacy)は、「薬局=pharmacy」に「農園」を指す「farm」という意味が重なっています。 望ましい栄養の摂り方や運動の価値を理解し、健康的なライフスタイルの重要性を説く素晴らしい試みです。日本でもこういった動きを期待しています。

Return Top