【基礎】ファスティングのすゝめ

【基礎】ファスティングのすゝめ

健康になるための考え方って?

ファスティングのお話をする前に健康には基本的な考え方があります。
まず、日々の気持ちの状態を細胞レベルで考えると感じ方が違います。 例えば、気持ちの状態が良ければ、細胞レベルでは通常と判断します。 気持ちは普通であれば、細胞レベルは不健康。気持ちが良くないと感じるならば、細胞は病かもしれません。

体調が悪くなってしまう要因は様々あります。
例えば、飲酒やタバコ、運動不足、寝不足などのライフスタイルです。逆に良い状態に持っていくには、私たち自身の免疫力や代謝、自然治癒力の向上が必要になってきます。

そして、医薬品はどうでしょう。医薬品は、あくまで応急処置で良い状態にするものではありません。 ここでの良い状態に持っていく加速装置がファスティングです。

皆さんが健康になるために最初にする事はなんですか?

健康になるために、有効成分といわれるものを積極的に摂れば良いと思っている人が多いかもしれません。
しかし、身体の中が日頃たまった老廃物や添加物、脂肪などで汚れています。そこに有効成分をいくら投与してもたまったものはたまったままです。
つまり、まずは悪い物を身体の中に入れなくして、体の中を綺麗にすることが大切なステップです。
健康の基礎であるライフスタイルの改善が第一段階ですが、第二段階は悪いものを取り入れないこと。
第三段階はデトックス。 第四段階の最後に有効成分を入れるという順序が大切なのです。

第二段階の悪いものの代表は、口から入る物としてはショートニングやマーガリンに含有するトランス脂肪酸です。
トランス脂肪は構造自体がプラスティックに似ていることで、有害性が容易に想像できます。
アメリカではFDAで全面的にトランス脂肪酸の使用を禁止しています。
日本ではまだまだ規制があまく、知らずに口に入ってしまうことがあります。ラベルなどを見て食物油脂やショートニングなどは極力避けましょう。

次に老廃物を排泄するデトックスです。 この悪い物を入れない、デトックスをするのがファスティングにあたります。
また、ファスティングと言えば、酵素を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

消化のことも知っておきましょう!

体で作られる酵素には代謝と消化の種類があります。食べ物を分解する「消化酵素」と、吸収された栄養素をエネルギーに変換し、新陳代謝を促する「代謝酵素」です。
代謝アップのために必要なのは、消化に使われる酵素を減らし、代謝酵素の量を増やす必要があります。
これが、ファスティングで断食の期間を作り消化を減らし、その分代謝酵素にまわることで代謝や免疫があがるので、ファスティングが効果的と言われている理由です。

ファスティングの詳細は次回記事を公開致しますので割愛します。
最後にビタミンやミネラル、必須微量元素などの栄養素を摂取します。
こういった理論に従い、体を整えていくことで、不定愁訴が改善された例が多々あります。 ぜひ試して見てください。
ファスティング

ファスティングについてもっと知りたい人へ。
吉沼枝里子へアクセスしてみよう。
facebook
ランディングページ

人気ランキング

Return Top