GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

【遺伝子検査】遺伝子ってそもそも何!?

【遺伝子検査】遺伝子ってそもそも何!?

少し前まで一般人に馴染みのなかった遺伝子検査ですが、最近ではインターネットでもキットを気軽に購入できるようになりました。 口腔の拭い液などを使用して遺伝子を特定するという簡便なものなら、気軽に検査をする事が出来ます。 キットだけで自分で検査を出来るわけではなく、これを各種実施機関(参考:https://genoeye.com/genom/)に送付、検査を依頼する事により結果が郵送されるという方式になりますが、それでも以前より格段に身近な存在になりました。

検査により、太りやすい遺伝子を持ってるかどうか、癌や生活習慣病などになりやすいかどうか、自分のルーツなど色々な事が分かるので興味のある方も多いかと思います。さて、一口に遺伝子検査と言ったところで、そんな僅かなものからどうやって身体の中の全てを司る遺伝子がわかるのかと疑問に思っている方は多いかと思います。 検査の際必要なのは身体を作っている成分であるタンパク質です。タンパク質は約二十種類あるアミノ酸が鎖状に多数連結して出来た化合物です。タンパク質を構成するアミノ酸は、必須アミノ酸や非必須アミノ酸などと分類され、身体の中で合成されるものや合成されずに飲食によってしか補給出来ないものもあります。 アミノ酸はDNAの塩基配列によって作られていて、つまりDNAはタンパク質の設計図なのです。 タンパク質の組成、つまりはアミノ酸を特定する事により、逆算的にDNAを検査する事ができるのです。遺伝子
Return Top