GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

【栄養士監修】世界に誇る日本のスーパーフード3選

【栄養士監修】世界に誇る日本のスーパーフード3選

日本にも実はスーパーフードがある

チアシードやタイガーナッツなど、海外のスーパーフードは日本で大流行しました。しかし、日本でも海外で評価されているスーパーフードがあるのをご存知でしょうか。いくつかある日本のスーパーフードの中でも、納豆・緑茶・海苔が特に注目されています。
納豆
納豆納豆には、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。 その為、免疫力を高める作用があり、健康的な身体作りをサポートしてくれます。 また、ビタミンB2も豊富に含まれている為、美肌・美髪効果も期待でき、抗酸化作用のある大豆イソフラボンの働きからアンチエイジング効果までも期待されています。
緑茶
お茶緑茶は、抗酸化作用に優れたビタミンCが豊富含まれており、老化予防・生活習慣病の予防などが期待できます。 それに加えて、緑茶独特の渋味を作り出しているカテキンという成分にも強い抗酸化作用があります。 強い抗酸化作用が期待されるビタミンⅭとカテキンが組み合わさる事で、発がん抑制・コレステロールの低下など様々な相乗効果が期待できます。
しかし、ペットボトルのお茶は避けましょう。 添加物の酸化防止剤として入ってるビタミンCは、逆に身体を酸化させてしまう可能性があるからです。
海苔
海苔最後に海苔ですが、代謝を活発にする働きがあるヨウ素を豊富に含んでおり、数枚で1日の摂取量を補うことが出来ます。
また、葉酸やビタミンB12も豊富に含まれており、この2つの成分の相乗効果が美容と健康に働きかけます。
そして、タウリンの働きから肝臓の解毒作用を促進することも期待できます。

まとめ

日本のスーパーフードには、より良い身体を作るための成分が豊富に含まれていることが分かりますね。 ご覧の通りで、普段の食卓に並びそうなものばかりで、案外近くにあなたの健康を守るスーパーフードがあります。 今一度、日本のスーパーフードに目を向けて見るのはいかがでしょうか。

PROFILE

栄養士梶川 瞳恵
ライフステージに合わせた栄養相談を受けてます。
人を良くする食を伝えたいと思っています。
「大切な命のための選択」運営も兼務しています。
Return Top