GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

【知って得】かかりつけ医のメリット

【知って得】かかりつけ医のメリット

健康であると思っていても病気は突然来る。

健康は人生を幸せに過ごすための大前提となる源です。 しかし、常に健康的に元気でいられないのも人間で、体調不良を起こしたときは早急な対処と迅速な対応のできる安心こそが、日常生活を豊かにします。 普段からあまり身体の強くない人は病院にお世話になっている分、顔見知りの医者もいることでしょう。 滅多に体調を崩さない人こそ要注意です。大病はいつ、どのようなタイミングで襲いかかってくるか分かりません。

かかりつけ医はなぜ必要なのか。

健康に問題がない時点から地元の町医者のなかでかかりつけ医を見つけておくことが必要です。 大きな病気にかかったときに、大学病院などを転々とし、その度に初診料を支払わされていては大きな損をしてしまいます。 かかりつけ医を持つメリットは日常の健康における相談事から、大病の際の病院の手配まで面倒を見てもらえるところです。
かかりつけ医とは? かかりつけ医とは、病気になったとき、真っ先に相談できる地域のお医者さんのことです。日頃の診察で病状や治療法についての詳しい説明を受ける他に、健康相談をしたり、各種保健・医療・福祉のサービスの提供や、必要に応じて適切な専門医や病院・医院の紹介をしてくれます。かかりつけ医に、自分の病歴や体質を知ってもらえば、急に具合が悪くなっても安心して診てもらうことができます。持病のある方はもちろん、元気な方でも、ご自身あるいはご家族の健康についての相談相手として、かかりつけ医をお持ちになることをお勧めします。子どもから大人まで、信頼出来るかかりつけ医に健康管理をしてもらうことは、病気の予防・早期発見・早期治療につながりますので、まず、かかりつけ医に診察してもらい、さらに、詳しい検査や高度な治療が必要と診断された場合には、 必要な情報を添えて、適切な医療機関を推薦してもらいましょう。参照:http://support.myclinic.ne.jp/search/familydoctor.html

かかりつけ医のメリットとは?

病院を取っ替え引っ替えしていると処方される薬の飲み合わせによっては副作用を起こしてしまう可能性があります。また、複数の病院で違う診断結果を出された場合、かかりつけ医がそのままセカンドオピニオンの役割も果たしてくれます。 大手の病院ときちんと連携がとれている町医者は、診療報酬においても、医者側、患者側、双方に得する形で健康を手助けする仕組みが整いつつありますので、万が一のときのためにもぜひ、かかりつけ医を見つけておきましょう。病院
Return Top