GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

【ストレス解消】瞑想やヨガでマインドフルネス!

【ストレス解消】瞑想やヨガでマインドフルネス!
マインドフルネスとは、ご自分の身体や気持ちや感情の状態に触れ、心をセルフケアすることを指します。 欧米では、すでにその効果について、多くの実証的研究報告があり、ストレス対処法の1つとして医療・教育・ビジネスの現場で実践されています。ハーバード大学医学大学院のジョン・デニンジャー医師を中心とする研究チームは、緊張状態にある脳や遺伝子に、ヨガや瞑想が与える影響について5年間にわたり研究したという記録があります。慢性的にストレスを受けている被験者210人を3グループに分けて行われました。1 ヨガ・瞑想を含む「クンダリーニヨガ」を行うグループ2 瞑想だけを行うグループ3 ストレスへの対処法の録音説明だけを聞くグループ被験者へのアンケート調査、血液などの遺伝子解析、神経画像などを使って、6か月にわたり追跡調査を行いました。その結果、ヨガ・瞑想を含む「クンダリーニヨガ」を行ったグループでは、エネルギー代謝などにかかわる遺伝子の発現が促され、ストレスや炎症反応に関わる遺伝子の発現が減少するということがわかりました。 この研究で、ヨガや瞑想は体にも生物学的影響を及ぼしていることが明らかになったのです。参考文献:http://www.bloomberg.com/news/articles/2013-11-22/harvard-yoga-scientists-find-proof-of-meditation-benefitまた、ワシントン大学の研究では人事管理職の人約15人を3つのグループに分け、8週間トレーニングを行いました。1 瞑想の練習をするグループ2 身体的なリラクゼーションをするグループ3 8週間キャンセル待ちをしたグループ被験者に文字入力などの事務的作業を行ってもらい、スピード、正確性、マルチタスク、被験者のストレスレベルと記憶力について記録を行います。瞑想をしたグループは、ストレスが最も低く、集中力・記憶力ともに上がっていました。 キャンセル待ちをしたグループは8週間を過ぎてから瞑想を始め、ストレスが軽減されました。身体的なリラクゼーションを行ったグループは、集中量の欠如が確認されました。参考文献:http://faculty.washington.edu/wobbrock/pubs/gi-12.02.pdf近年、ゲノムの構造や機能の解析技術によって生理学的な変化をより詳しく測定することができるようになりました。 精神疾患治療の医療現場においても、ヨガや瞑想を行うことで症状の緩和や改善などの効果が期待されています。瞑想
Return Top