【柔道整復師監修】骨盤ダイエットの方法

【柔道整復師監修】骨盤ダイエットの方法

骨盤ダイエットとは

普段の生活で気付かない内に歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すことで脂肪の蓄積を防ぎ、太りにくい体質を目指すというダイエット方法です。

骨盤の役割とは?

そもそも骨盤は体の中心にあり、仙骨、寛骨、尾骨という三つの骨で成り立っているのですが、その周囲にある筋肉と靭帯の力が繋ぎ目の役割を果たし、骨を支えているため、もともとバランスが崩れやすく、歪みやすい部分となっています。

そして歪むと姿勢が悪くなり、下腹がぽっこりと出て太ってみえるばかりか、足がX脚やO脚になったり腰痛の原因にもなってしまいます。

また血行不良やむくみの原因ともなり、基礎代謝が下がってしまうため、結果として太りやすい体となってしまいます。

そのため、この歪みを正すことはダイエットに良い効果をもたらすと言われていて、主にストレッチや体操などを行うことによって歪みは正すことができます。

骨盤ダイエットはいつやるのが効果的?

そして、この骨盤矯正ダイエットを行う多くの人は、比較的時間のある夜に行うことが多いかもしれませんが、実は朝に実践することこそがおすすめです。

朝起きた時に布団の中で伸びをすると気持ち良いかもしれませんが、これは実は寝ている間に身体の深部や動かなかった部分が固まってしまっているためです。

それは骨盤にも同じことが言え、朝にストレッチや体操を行うことで体がほぐれ、体温が上がり、痩せやすい体へとなります。

そして、これから紹介する方法は合計3分で行えるダイエット方法です。

実際にどうやって解すのか?

骨盤ダイエット

目が覚めた時に行う体操

まず、朝起きた時、仰向けに寝たまま深く息を吸い、足首を内側に反らします。
そして、その後手のひらを上にして組み、深呼吸をしながら体を伸ばします。
その後、息を思いっきり吐き出しながら体を脱力させます。
これを朝起きた時に3セット行います。
所要時間は約2分です。

起き上がった後に行う体操

やり方として、まず足を肩幅に広げ、両足を45度外側に向けます。
次に腰が前のめりにならないように注意しながら、空気椅子に座るような感じで両膝を曲げ、徐々にお尻を突き出すようにします。
その後、両膝を徐々にくっつけるように閉じていきった後、ゆっくりと立ち上がります。
これを朝起きた時に5回ほど行います。
慣れれば約1分ほどで行えます。

この2つの体操は合わせて所要時間3分で行うことができます。

最後に

朝は何かと忙しく、時間がない方という方も多いかもしれませんが、ほんの数分早起きするだけで、気持ちの良い朝を迎えられるだけでなくダイエット効果も期待できます。

人気ランキング

Return Top