GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

子どもの身長を伸ばす3つの習慣

子どもの身長を伸ばす3つの習慣

【子供の身長を伸ばす3つの習慣】

十数年前に『特命リサーチ200X』というテレビ番組が、放送されていました。当時は子供で内容はほとんど覚えてないのですが、一つだけ鮮明に覚えている放送回があります。 それが、「身長を伸ばす方法」特集。 身長は親の身長、つまり遺伝で決まると思っている人が多いかと思います。しかし、親の身長よりずっと高く成長する子もいます。 私もそうです。私の身長は184cmですが、父親は170あるかないか、母親は160あるかないかくらいです。そして、先ほどの番組では子供の身長が親よりずっと高くなる人の特徴についてまとめていました。額田クリニック(http://www.kobekids.net/)という低身長のお子さん専門の治療を行う病院があります。こちらの医師が当時の番組にて、身長を伸ばす方法を説明していました。身長を伸ばす方法は興味はあっても、どんな方法が科学的に正しいかはあまり分かっていません。こちらの病院では低身長のお子さんの治療を長年やっていくうちに、経験的に身長が伸びる習慣を見出しています。果たしてどんな習慣が身長を伸ばすのでしょうか。気になります。

【身長を伸ばす3つの習慣】

①寝る子は育つ!よく寝る子供ほど身長が伸びやすい
昔からよく言いますよね。寝る子は育つ。 これはどうやら本当のようです。私は子供のころ死んでるんじゃないかと思うくらい非常に睡眠時間が長かったようです。 また小学校六年生までは夜九時前に寝て、朝六時~七時に起きていました。なるほど、私の高身長の秘訣はここにあったのかもしれません。身長は寝ている間に伸びるといいます。 また成長ホルモンの分泌は熟睡しているときが高くなります。 夜遅くまで起きていたり、寝る前にスマホやゲームをしていると熟睡できる時間が短くなるので、成長ホルモンの分泌に影響が出ると言われています。
②栄養はバランスよく、特に大事なのはタンパク質
子供のころは大きくなるためにたくさん食べて、とくにカルシウムが大事と教わりませんでしたか? カルシウムは確かに大事です。骨を強くします。タンパク質はというと、骨や筋肉の材料となって骨を大きくし、成長ホルモンの分泌を促す作用もあります。身長!というと、反射的に「カルシウム!」と勝手に口から出そうですが、実はタンパク質の摂取が非常に重要です。身長を伸ばす食材といえば、牛乳が広く知られています。もちろん牛乳だけ飲んでれば身長が伸びるわけではないですが、カルシウムもタンパク質もどちらも兼ね備えているので、優秀な食材とは言えそうです。ちなみに大人では一日のタンパク質は自分の体重をgに置き換えた分だけ必要です。 子供の身長が伸びるラストスパートといわれる思春期にはその倍必要です。思春期で体重50kgなら、100gですね。食事でこの量を補うのは案外大変です。大人でもちゃんと摂取している人は少ないと思います。ざっくりいうと100gのお肉を使うと20g前後のタンパク質です。納豆1パックだと6gくらい。色々な食材を使って、十分な量のタンパク質を摂取しましょう。
③適度な運動
子供の身長を伸ばすのに運動は欠かせません。 よく食べ、よく遊び、よく寝る。結局これです。しかし、公園で何かと遊びが制限されている現代。 公園でゲームする光景が見える現代。意外に難しいことかもしれません。ちなみに額田先生が執筆している「子どもの身長を伸ばすためにできること」によると、バスケットやバレーボールのように、何度もジャンプすれば身長が伸びるというのは俗説のようです。私は野球部ですしね。特に上に飛ぶことはほとんどありませんでした。大人もそうですが、昼間にどれくらい活動したかが夜の睡眠につながります。 夜、中々寝付かない子どもは、昼間の運動量が少ないのかもしれませんね。 最後のまとめに入る前に・・・
④思春期を遅らせる:番外
3つの習慣じゃないんかい。 すいません、習慣とは少し違うので、おまけとして付け足します。いきなりですが、実は私の妻も高身長で173cmあります。 夫婦そろって平均身長10cm以上オーバーしております。額田先生によると、欧米人と日本人の子どもたちを比べると思春期の到来に違いがあるそうです。日本人の方が思春期が早く早熟な傾向があるらしい・・・。思春期は身長が伸びるラストスパートで、ここでの身長の伸びは個人差はあまりないとも言われています。なので、思春期を遅らせてそれまでに身長を伸ばせるだけ伸ばすことが重要なんです。ここで妻の話が出てきます。 妻は思春期の到来が周りよりもずっと遅かったようです。思春期が遅かったため、それまでに身長を伸ばし続けることができたというわけです。でも思春期って意図的に遅らせられるの?という疑問は当然上がってきます。思春期周りの話はここにかけないこともあれば、説明が長くなってしまうものもあるので、ぜひ額田先生の書籍を読んでみてください。Kindle版もありましたよ!一言だけ説明すると、「夫婦仲良く」です。夫婦仲が悪いと子どもが早く大人にならなきゃと早熟になるという説もあるようです。

さてさて、身長を伸ばす方法、いかがでしたか?

3つの習慣(+1つ)をお子さんに早速試そうと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お子さんにプレッシャーを与えることは避けてくださいね。ストレスがかかると抗ストレスホルモン、コルチゾールが分泌され、成長ホルモンの働きを阻害してしまいます。 まとめてしまうと当たり前のことです。良く寝て、バランスよい食事と多めのタンパク質をとって、よく運動して、両親の愛情をたくさん受ける。これが身長を伸ばすことにつながるようです。プレッシャーをかけてはいけませんが、高身長夫婦の子どもの身長にはちょっと期待してしまいそうです(笑)。

PROFILE

薬科学修士/医療系専門編集者/ライターsekitakeisuke
インターネットでヘルスケアに関する記事を検索しても、特定の記事しかみつからず、本当に欲しい情報は検索できない。
適切な情報を求める人に、本当に欲しい情報を提供することを心がけたいと思い、記事を執筆しています。
Return Top