【調査】今流行りのチアシードを考察してみました!

【調査】今流行りのチアシードを考察してみました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近話題になっているパーフェクトフードのチアシード。実際のところ、ダイエット効果はあるのだろうか文献等を調べてみました。
チアは、アメリカ大陸の中央部が原産で、高さ約1mに成長し、白または緑色の小さな花をつけます。
マヤやアステカの先住民族が食していたことが知られており、シード自体は直径約1mm、黒または灰色の卵形をしています。
水を含ませると膨らみ、ゼリーのようなプルプルした食感になるのが特徴です。

このチアシード大さじ1杯(10g)の栄養素は以下の通りです。

エネルギー49kcal
たんぱく質1.6g
食物繊維 3.4g

カルシウム 63mg

マグネシウム 34mg
亜鉛 0.46g
鉄 0.77mg
オメガ3脂肪酸 1.78g

例えば、体内の老廃物を排泄させる食物繊維は、1日の摂取必要量の6分の1が取れます。
また、青魚に含まれるDHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸は、脂肪の燃焼を促す効果があります。

このデータを見ると、理論上は栄養価が高いことは理解できます。
ところが、とある小規模臨床試験では「肥満には効果が無い」というデータが報告されています。

過体重または肥満の閉経後女性56名 を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、粉砕または全粒のチアシード1日25 gを10週間摂取させました。

けれども、BMI、体脂肪率、血糖値、血清コレステロール、C反応性蛋白、血漿中炎症マーカー (IL-6、TNF-α、IL-8、IL-10) 、収縮期血圧、脈波増大係数に影響は認められませんでした。

Nieman DC et al,(2012)Chia seed supplementation and disease risk factors in overweight women: a metabolomics investigation.J Altern Complement Med. ;18(7):700-8.
http://online.liebertpub.com/doi/abs/10.1089/acm.2011.0443

過体重または肥満の成人67名を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、1日500 kcalの減量とともに1日量として以下を含む食品を2ヶ月間摂取しました。
チアシード4 g
大豆たんぱく質32 g
乾燥ノパル7 g
オートムギ22 g血清トリグリセリド、C反応性蛋白濃度、インスリンAUCの低下が認められました。しかし、その他の血中脂質や体格 (体重、BMI、腹囲、体脂肪率) 、血圧に影響は認められませんでした。Guevara-Cruz M et al,(2012)A dietary pattern including nopal, chia seed, soy protein, and oat reduces serum triglycerides and glucose intolerance in patients with metabolic syndrome.J Nutr. ;142(1):64-9.
http://jn.nutrition.org/content/142/1/64.long
以上の結果がすべてではないですが、チアシードを摂取していれば健康になれると考えるのではなく、運動や糖質を抑えるなど複合的に健康維持を行うことをお勧めします。

人気ランキング

Return Top