GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

「アトピー」パパママに知っておいてもらいたい!

「アトピー」パパママに知っておいてもらいたい!

アトピーの原因を知れるかもしれない

アトピー性疾患などの原因を特定したい場合には、小児遺伝子検査を用いてより正確に調べることが可能です。 小児の喘息やアトピー性皮膚炎の病因遺伝子を検索する検査です。

アトピー性疾患の発症には、両親からの病因遺伝子が影響している場合があります。 さらに環境因子(ライフスタイル、食生活、アレルゲン、胎内での発育環境など)が相まって、発病すると考えられています。 よって病因遺伝子は、アレルゲンよりも遙かに根源的な原因であると推察されます。故に小児遺伝子検査は、一般的なアレルギー検査よりも病気の本質に迫る検査なのです。の

アレルゲンって??

アレルゲンは、私たちの生活の至るところに存在しています。 食べ物として体内に入ってアレルギーを引き起こすのが「食物アレルゲン」です。特に鶏卵・乳製品・小麦、魚・ピーナッツ・イクラ・果物などのアレルギーです。 ホコリやダニ、花粉、昆虫、動物のフケや毛など、触れたり吸い込んでしまうとアレルギーを発症するアレルゲンもあります。アレルゲンとなる物質は人によってさまざまです。1人が複数の原因アレルゲンをもつこともあります。

アトピーが出たらまず、、、

アトピーの症状は、人それぞれの体質や生活の過ごし方によって、大きな違いがあることが分かっています。 症状がでたらできるだけ早いうちに医師や薬剤師、看護師に相談を持ち掛けることで、将来的に身体的負担を軽減することが可能になります。その上での小児遺伝子検査の活用ですが、一般の消費者にとって少しばかり分かりにくいと言われています。 まずは、かかりつけの医師とコミュニケーションをしっかりと取り、情報を得ることが望ましいです。

近年、小児の遺伝子検査を取り入れている医療機関の数は徐々に増えていますし、専門病院を調べるなら信頼のおける病院やクリニックの実績に注目をすることが大切です。

また、小児の遺伝子検査のメリットやデメリットについては、実施している病院から前もってパンフレットやカタログなどを参考にすることで、情報を得るとことお勧めします。家族
Return Top