【研究】業績を上げるには、同僚と食事が重要?

【研究】業績を上げるには、同僚と食事が重要?

2ea22587b81a05d40e8e003f1dbc2355_m
世の中多くの会社は従業員を雇うために、もしくは優秀な人材の維持に多額お金を投資します。 しかし、投資に見合う十分なリターンを得ている企業はいくつあるだろうか。

コーネル大学の調査でこんなことが分かりました。

食事を一緒に取る消防士のチームと単独で食事するチームを比較すると、前者に圧倒的な業績があることが分かったと、コルネル教授は言います。

「一緒に食事するこは、会議でExcel表ををじっと眺めているより、明らかに親密になります」と応用経済学のチャールズ H. ダイソンと助教授のケビンは言いました。 「人類学の視点から、一緒に食事を取ることは社会文化的発展があります。 それは今日の仕事場で続くようです」

調査結果から、企業は従業員のパフォーマンスのの工場として、カフェテリアなどの交流場の設置を検討するようになるとケビンは言いました。

ケビンおよび彼の研究チームは、15ヶ月間、50 人以上いる消防署にインタビューをし、調査を行ないました。 研究者は合計395 人の各消防署のトップにパフォーマンス0点から 10点のスコアで評価するように頼みました。 ケビンは、小隊がどの程度 4 日の間一緒に食事を取るか尋ねられました。結果、 最も頻繁に一緒に食事を取った小隊が、チームパフォーマンスの高い得点を出しました。 逆に、一緒に食べなかった小隊は低得点となりました。

この研究から分かるように、企業の経営幹部は社員と食事を共にすることは、長時間の会議を共にするより有益そうですね。
「同じ釜の飯を食べる」効果は、業績を改善させるかもしれません。

出典先:http://www.tandfonline.com/loi/hhup20#.VoOSkq7hA_V

人気ランキング

Return Top