GenoEye



みつかる、ヘルスケア。

【医療者監修】飲むお酢の5つの健康効果と注意点

【医療者監修】飲むお酢の5つの健康効果と注意点

お酢に含まれる有効成分とは

お酢には、必須アミノ酸やクエン酸など人にとって必要な栄養素が含まれています。

有効成分はどんな効果があるのか?

酢酸の様々な効果

お酢の主成分の酢酸には、唾液や胃液の分泌を促進する作用があり、消化酵素を活性化させる働きがあります。 それと同時に内臓脂肪の燃焼を促進したり、腸内の善玉菌を活発にするアミノ酸も含まれており、ダイエットや便秘に対する効果も期待されます。

酪酸で疲労回復

酢の成分の酪酸は、体内でクエン酸に変換されて乳酸を分解するため、疲労回復の効果もあります。

防腐・殺菌作用もある

お酢には、防腐・殺菌効果もあり、O-157や腸炎ビフリオ、サルモネラ菌、ボツリヌス菌に対する抗菌効果も科学的に実証されており、食中毒の予防になります。

お酢を摂るときの注意点

米酢や穀物酢は原材料に醸造用のアルコールが混ぜられており、つんとして酸味が強く、飲用には向きません。

飲むお酢としてオススメなのは?

天然原材料で発酵させた長期間熟成させた黒酢は、アミノ酸がうまみ成分となり、酸味がやわらかく滑らかな味になります。 有機酸も豊富に含まれているので、栄養価も高くなりますので、飲む酢としておすすめです。 果物酢は、ビタミン、カリウム、ポリフェノールなど、果物の栄養素を一緒に摂取できますが、糖分も含まれているので摂りすぎには注意しましょう。

適切にお酢を摂ろう

お酢希釈するタイプの飲むお酢は、十分に希釈しないで飲むと、強い酸によって、口の中や食道、胃の粘膜などが荒れてしまう可能性がありますので、説明書にかかれている通りに希釈して下さい。 また、空腹時にお酢を飲むと異を傷める可能性がありますので注意が必要です。

過剰に摂ると危険

お酢の過剰摂取は、酸蝕歯(さんしょくし)飲食物に含まれる酸によって侵蝕された歯の事)のリスクを高くしますので注意しましょう。お酢は体を冷やすため、冷え性の人は摂りすぎに注意しましょう。

お酢はドリンクにして飲むのがオススメ

お酢をドリンクとして飲む時は、お湯で割って飲むと良いでしょう。お湯を150㏄に対してはちみつを大さじ1、お酢を大さじ2に、生姜やゆずなどを適量入れて飲むと、お酢の癖が消えて美味しいホットドリンクになります。  
Return Top